【WS報告】LETTERSNOW主催:岡本真樹子氏カリグラフィーWS

12/1&2の両日、神戸市在住のカリグラファー・岡本真樹子さんの ワークショップを開催しました。
師走に突入したばかりの週末でしたが、 延べ31名の参加をいただき、楽しくなごやかな2日間となりました。

1日目のテーマは「パステルを使ってみよう」。
真樹子さんがお持ちくださった色とりどりのドライパステルを見ただけで、参加者の皆さんは 既にテンション急上昇!!好みの色をコピー用紙に擦りつけ、任意に 切り抜いた型紙を使ってステンシルの要領で着色していきます。
パステルの 特徴である綺麗なボカシが出るようにアドバイスをいただきながら、どんどん 可愛いデザインが出来上がっていきます♪
「できた人から文字を入れましょうねー」 という指示に、「えーぇ?文字書くの??」なんていうカリグラフィーWSらしからぬ発言も 聞こえたものの(笑)、皆さんとてもとても素敵なアコーディオンカードが仕上がり ました。

2日目は「文字のイラストと色鉛筆の彩色」。
こちらは先ず各自オリジナルの アルファベット文字を作成していきます。既成の形にはとらわれず、頭を柔軟に して“Thank You”の8文字を編み出す作業から開始です。
出来上がった文字を レイアウトして、そこに単純なラインやドットを足したり、文字の一部をデフォルメ したり・・・・これが簡単なようで実に難しい!
いつもガイドラインに沿って規則正しい文字を書き慣れている皆さん、「自由に・・・適当に・・・」と言われても戸惑いが先立ちます。あちこちから先生にヘルプを求める声、声・・・。「この線をこんな風にしましょーか・・・こっちにちょっと肉付けして・・・」なんて、ほんの少し手直ししていただくと・・・何と言うことでしょう✨!!ユニークなThank Youが次々と出現!
ドローイングペンを使ってカード用紙に清書をした後、色鉛筆と擦筆を使って着色していきます。擦筆は初めてという方も、先生のデモを見てバッチリ習得です。広いガラス窓から西日が差し込む頃には、全員のおもしろ文字カードが見事にテーブルに並びました。

終始しっかりと文字を書くWSとはひと味もふた味も違うゆるーいお勉強。たまには
こういうWSもいかがでしょうか?
講師の真樹子さん、そしてご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。ぜひぜひこれからの作品づくりにお役立てくださいね(^。^)

***by 絹**