れたなうWS 報告

2018.06.16

6/16(土)、ナガサワ文具センターさんちか店で「じゃばら折りカードにメッセージを書こう」WSを開催しました。
午前お一人、午後お一人のマンツーマン。2時間半じっくりと取り組みました。

今回は「Congratulations」カード。C-3ニブで書きます。
文字が多いのでストローク練習もそこそこに各文字の練習へ。
だいたい1時間ぐらいですべての文字を書いていただきますが、その頃にはもうへとへと。集中して書いていただきますもんね!

休憩がてら蛇腹カードの表紙、カードの色、リボンを選んでもらってリフレッシュ・・・と思ったら、コーディネートにも集中!

間髪入れずに「Congratulations」を綴っていただきます。
ご本人たちは意識しておられませんが、ご通行されている方やご来店されている方がたくさん見学されています。
中には熱心にカリグラフィーの歴史を訪ねてくださる方もいらっしゃいました。

さ、自信がついたら本番です。Bleed Proof Whiteや、ナガサワさんがご用意くださった神戸インクキラキラバージョンを使って書いていきます。
乾いたものから蛇腹カードに仕上げていきました。

頑張ったかいがあって素敵なカードができました!
今回はニブもサービスでお持ち帰りいただきました。
是非おうちでもチャレンジしてください。ありがとうございました!

 

2018.06.05

6/3(日)、ナガサワ文具センター本店ワークショップスペースにて、 「ガラスペンで書くミニカード」ワークショップを開催しました。これまで とはちょっと趣の違うガラスペン、私も少し事前勉強をしました!

今までベネチアングラスのオシャレなペンというイメージで、てっきり イタリアが発祥と思い込んでいましたが、なんとこれは日本で誕生したもの でした(@。@)。
明治35年に佐々木定次郎さんという風鈴職人さんが 考案されたものだそうです。繊細なガラスのペン先に刻まれた8本の溝から、 毛細管現象によってスーッとインクが吸い上げられ、確かな技術で作られた ものは1度インクを入れるだけで、便せん1枚くらいのお手紙を余裕で書き 終えることができるということでした。

今回は、イタリア・ボルトレッティ社製の試筆用商品をお借りしての講習。
美しいフォルムを見るだけでテンションアップです♡インクはもちろん神戸 インク。「須磨離宮ローズ」「水道筋マルシェブルー」「湊川ライム」という これまた素敵なネーミングのインクをお借りして、ミニサイズカードにThank You とHappy Birthdayをお書きいただきました。

先ずは基本練習。今日のフレーズで使う文字をそれぞれ5ミリ幅のガイドシートを 使って書いていきます。筆記体なので傾斜は約52度、hやkやyなど長いラインを 持つ文字は、整った涙型のループがなかなか手ごわい!
それでも皆さん、 かつて習ったペンマンシップを思い出しつつ、見事に仕上げていただきました!
「書くのに一所懸命になってスペルが飛んだ~っ!!」てなハプニングもあり ましたが、「ま、えっか(笑)」と、そこはおおらかな関西のオバチャン。「楽しかった~」 と言っていただけることが一番なのです!
3名ご参加いただいた店舗のスタッフさん たちからも、「売ってるくせに使ったことなかったから、ええ体験でした」と言って いただき、やらせてもろてホンマ良かった~と思っています。新たなツールとして 研究していく価値ありかもですよ。

(by 絹)

2018.05.03

連休後半の5/3、ナガサワ文具センターさんちか店にて「シーリングスタンプでチャーム作り」WSを開催させていただきました。

シーリングスタンプは専用のワックスを使って封函などに使います。
ですがそ~んなに登場することはないですよね。
デザインはすごくシックでカッコいいものが多いのに・・・

そこでもっと簡単にシーリングスタンプで遊べないか、と考えたのがチャーム作りです。

生地に色を着けて(少しおまじないをかけて)シーリングスタンプで押すだけ!
簡単にチャームが作れました。

2018.04.28

4月28日、連休の初日、神戸三宮のナガサワ文具センターさんちか店にて「カッパープレート体で文字を書こう」WSを開催させていただきました。

4名の方がご参加くださいました。じっくり2時間かけて「Thank you」と練習し、お好きなプリントペーパーで蛇腹カードに仕上げていきます。
さらにオブリークホルダー1本、HUNT101ニブ2本が付いたお得なWSです。

これからご自身でも進めていただけるように、ニブの処理の仕方、オブリークホルダーへの差し方をご説明し、実際にご自身で体験していただきました。

ペン先の用意ができたら基本ストロークから練習です。ポインテッドペンは本当に難しいですね。綺麗な線はなかなか出ません。でも、いくつかのストロークを重ねていき「Thank you」を何回も書いていくと、だんだんといい線の出る部分が増えてきます。

清書していただくときもご自身でガイドラインを引いていただきました。ガイドラインを引いているうちに徐々に気分が高まってくるようです。
好きなインクの色を決めて・・・本番です!
3枚書いてやれやれ!

次に蛇腹カードに仕立てます。ナガサワさんよりRossiのプリントペーパーをご提供いただきました。テンションあがりますね。
しばし工作の時間を過ごし・・・皆さん素敵な蛇腹カードができました。

カッパープレート体は難しいですがどんどん挑戦してくださいね。

by 准

2018.04.22

4月22日(日)、神戸三宮のナガサワ文具センター本店にてオリジナルシグネチャーWSを開催させていただきました。

シグネチャーは一般的にはサインとも言われ、署名を意味します。
今回はご愛用の万年筆をお持ちいただき、ご自身のお名前を筆記体で美しく書く練習をしたのちに、オリジナルのサインを作り出すためのヒントをご提案させていただきました。

かつては中学校の英語科授業で学習した筆記体ですが、現在では残念ながらこの指導はありません。今回ご参加いただいた皆さんは「一応習いましたけど・・・」という世代の方ばかりでしたが、いざ綺麗に書く!となると・・・「メッチャ難しいやん!」というお声。資料としてお渡ししたガイドシートを使って、傾斜を揃えて、大文字は小文字の高さの1.5倍くらいで、つなぎのラインを同じリズムで・・・などなど、綺麗に見えるポイントを少しお伝えしながらしばし黙々と練習。そして次の段階へ。小文字の高さを低くして、より傾斜を強くつなぎのラインを長めに引くと・・・それだけでスピード感が出る文字に。反対に傾斜させずに垂直にして、文字幅と文字間も詰めて上下の動きを大きくすると・・・今度は躍動感のある文字に。

そんなことを試しながら書き慣れていただくと・・・何ということでしょう!!
ステキなサインが出来上がったではありませんか!!!
「これは2度と同じようには書けへんなぁ」と苦笑しつつも、皆さん満更でもなさそう(笑)。最後にお清書したものを台紙に貼り付けてお持ち帰りいただきました。

それにしても、さすがに皆さん素晴らしい万年筆をお持ちでビックリ!
手書きにこだわっていらっしゃる様子が伝わってきました。ぜひぜひ個性的なサインを生活の中でお使いくださいね~。

by 絹

2018.04.01

文具と紙と暮らし市実行委員会主催:文具と紙と暮らし市
に参加いたしました。

今回はご自身のファーストネームをイタリック体、ゴシック体、カッパープレート体の3書体から一つをお選びいただき、ブックマークを作成していただく、というWSでした。

3日間で29名の方が参加してくださいました!

 

 

2018.03.25

れたなうは2018/3/25(日)
大阪ハンドメイドクラブ主催:春フェス
に参加いたしました。

今回はイタリック体、ゴシック体、カッパープレート体の3書体から一つをお選びいただき、ブックマークを作成していただく、というWS。

5名の方が参加してくださいました!

2018.03.17

2018/3/14(水)、15(木)、17(土)の3日間、
カリグラフィーでイニシャルを書こう@阪急うめだ本店
を開催いたしました。

「阪急うめだ本店 文具の博覧会2018春 第1弾:手紙で思いを届ける」
のイベントでしたので、今回は封筒と便箋にイニシャルを入れていただきました。

3日間で90名もの方々にご参加いただきました。

2018.03.11

2018/3/11(日)
ナガサワ文具センター主催:ファーストネームをカリグラフィーで書きましょう

がさんちかホールで開催されました。

このプログラムは初めてでしたので正直皆さんに楽しんでいただけるか心配でしたが、皆さん、素敵なブックマークを作ってお持ち帰りになりました。

カッパープレート体は相変わらずの人気でしたが、予想外にゴシック体が人気でした!

16名様がご参加くださり、大盛況でした。
ご参加くださった方々、ありがとうございました。

 

 

2018.03.10

れたなうメンバー籔本准子の
ナガサワ文具センター主催:カッパープレート体でThank youと書いてみましょう
が2018/3/10(土)さんちかホールで開催されました。

今回はお1人のお申込み。
少人数でしたのでじっくりとカッパープレート体に取り組むことができました。

すごくすてきなカードができました。